読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミケ期間中(C91)にお台場の大江戸温泉で1泊した話

今回のコミケ参加では、色々な不手際が重なり、コミケ会場近くにお宿が取れなかったのでやむを得ずコミケ以上から歩いて45分前後の場所にあるお台場の大江戸温泉に行ってきました。(多分コミケ期間中に行くのは3回目くらい)

 

なので感想的なのを書いて行きたいと思います。

なお、今後の施設の改修や運営方針の変更等でこの記事が参考にならなくなる場合があると思いますので注意。

 

 

1泊したのは2日目の夜からでしたが、例年通り結構混んでました。

まあ16時にコミケ終わってそこから友人と飯を食って、なんだかんだで19時くらいに大江戸温泉に着いた訳ですが、そこでびっくりしたのは入場制限がかかっていたことです。(前回の利用時、夏コミ0日目の19時ごろは入場制限がなかった)

また、施設自体の滞在時間制限はなかったです。

 

入場制限の列はそこそこ長かったが、1時間かそんくらいで施設には入れたのでそこまでひどくはなかった感じです。

 

入場後は受付で手続きをして、浴衣を受け取り、更衣室で着替え、その後しばらく休憩をしてから銭湯へ行きました。

ちなみにシャワーの所に待機列が出来るほど混んで居ました。

待ち時間は体感で10分前後。

あとサウナも席に座れないで立ったまま利用する人がいた。

意外にも湯船は空いていた感じ。

お風呂の感想は例年のごとく高濃度オタク汁に浸かってしまったなぁって感じでした。

具体的にどんな感じかっていうと、どの浴槽にも白いカスがほんの少し浮いてました。(どこの銭湯でも人がいっぱいいるときはそんな感じなんでしょうけどね)

ただ夏よりかマシ。夏になると白いカスは10倍くらい浴槽に浮いてる。

なので、思ったよりかはマシだったって感じですね。

それと気になる人は気になると思いますが、湯船の底に少し砂がたまっていました。

 

ちなみに僕はサウナメインで使いました。

 

まあ、その後、色々あって2時間くらい湯に浸かって色々してるうちに10時くらいになったので、上がってそこから友人と、酒盛り(意味深)をしてました。

 

ここからが重要な点なんですが、23:30ぐらいになると大広間が仮眠室に変わります。(日程によって時間が変わる可能性あり)

また、仮眠室には枕と、大きめのブランケットがありました。

あと、思ったより暖房が効いてましたが、人によってはブランケット一枚じゃたりないんじゃないかと感じる寒さでした。

その場合は銭湯のところで大きいタオルを取ってきて使って見るのもいいかもしれないです。

特に足元が寒いので、靴下持ってきて履くor現地で買うのも検討した方がいいと思います。(自販機で売ってる)

 

ちなみに午前2時以降まで滞在すると追加で2000円程度の深夜料金取られるので注意。

友人がそれが嫌なので、1時50分に出ようと提案してきましたので、やむなく退館しました。

そのあとは近くの店やらで時間を潰して程よい時間になってから待機列に並びました。

 

まとめ

外人がムッチャ多かった(特に中国人)

湯船のオタク汁度合いは夏よりひどくない

仮眠室は絶対確保しろ

深夜料金に気をつけろ

あとクーポンは使いましょう

 

以上

 

 

ちなみに刀剣乱舞とコラボしてました

f:id:sa232112:20170104041425j:plain

 

 

 

 

<終わり>